kurosawa kawara-ten

Loading

Note

2015.07.01千葉のイメージについて

千葉市が海辺のグランドデザイン及び稲毛海浜公園見直し計画というものを募集し始めました。

よく市長の話に”そこそこ都会で、そこそこ田舎”という言葉が出てくるのですが、
千葉市が持つ人工海浜という大きな特徴を見直すこの計画が持ち上がったので、
千葉のイメージについて一度考えてみようと思います。
そうすると、千葉市が不動産的に買いなのかそうではないのか、 その辺りも見えてくるかもしれません。

img02

都会の定義

1.人が多数住み、行政府があったり、商工業や文化が発達していたりする土地。都市。みやこ。(大辞泉国語辞典より)
都会とはこのように載っているのですが、千葉市はなるほど大部分があてはまりそうです。
ただし、少し違和感があるとすれば”文化が発達していたり〜”や”みやこ”という部分は少しイメージしづらい気がします。
それでは独自に都会というものを定義すると、
何層にもなる多様な人々が集まっている場所で、情報や流行の発信地、またはその周辺地域を統率する機能を持った地域。
ちょっと硬いですが、どうでしょうか。
イメージするのは東京、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、そんな場所でしょうか。

img01-1

田舎の定義

1.都会から離れた地方(大辞泉国語辞典より)
千葉市自体を都会または田舎だとするとこの定義からそもそもずれてしまいます。
それではこちらも独自に定義してみると、
そこにいる人達に多様性や流動性がなく、情報や流行を消費しほとんど発信しない、またはその周辺地域への影響力がほとんどない地域。
具体的にはクリエイティブ・文化産業がほとんどなく、
その人口の多くが時間労働に従事し、ショッピングモール、チェーン店、エンターテイメントに消費の多くがさかれている。
こんな地域を田舎と呼ぶのではないかと思います。

千葉市は都会なのか、田舎なのか
こう考えてみると、千葉市はどちらだと考えられるのか。
多くの点で田舎の定義に当てはまっていると思います。
つまり、千葉市は人の多い田舎だということです。

大きな田舎

千葉市はそこそこ田舎ではなく、だいぶ大きな田舎だと言えないでしょうか。
田舎にありがちなものが全て巨大な規模であります。
ショッピングモール:イオンのばかでかいのが幕張にあります。アリオ蘇我もあります。
箱もの:海浜幕張全体が箱ものです。千葉市美術館、キボール、あげればきりがありません。
運動場:フクダ電子アリーナとその周辺、マリンスタジアム、ロッテマリーンズとジェフ千葉(市原)がいます。
高速道路:湾岸線、京葉道路、館山道、東金道路、4線もあります。

いくら集まっても田舎は田舎

スーパー、ショッピングモール、シネマコンプレックス、チェーンストア、コンビニ、
これらがいくら大量に大規模で集まったとしても、
どこへ行っても手に入るものや体験でしかありません。
少しでも独自の文化や体験、ものが増えてこないと千葉市は選ばれなくなってしまうかもしれません。
事実千葉県の人口が1都3県で唯一減少しています。
不動産的にはチャンスかもしれません

さて、
そうなると不動産投資としては不向きな場所に思えるかもしれませんが、
競合が少ないということでもあります。
魅力のある店舗や場所が少ないので、
もし独自性のある魅力的な場所を作れる自信のある人にとっては、
実は一人勝ちするチャンスのある場所だと言えるでしょう。
人はとにかくまだまだいます。
空き店舗も沢山あります。
みなさん、
千葉で何か始めてみてはいかがでしょうか。